ハッピー・ブログ!? カリカリモフモフなのであります。

大好きなアニメ・マンガ・ラノベをご紹介します。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひぐらしのなく頃に解 第14話 祭囃し編 其の壱「三四」 

オープニングの最後の方が変わりましたね。
いつも梨花が手を振ってるのは視聴者だと思っていましたが、羽入だったんですか!
ある意味視聴者でしかなかった羽入が参戦してこれからみんなが一緒に楽しく暮らす世界にできるのでしょうか。

さて、前回は鷹野は最悪のテロリストでラスボス的な人物だと思いましたが、
今回、鷹野の過去を知ってあの歪んだ性格は幼い頃の苦しい体験とその憎しみから来るもので人間は最初から悪い人はいないのだと思いました。

それにしてもあの養護施設の人間は何であんなひどいことをするんでしょうか?
ストレス?優越感?雛見沢症候群?そんなものより、せっかく一緒に日々を過ごすのなら楽しく、仲良くとは考えられないんでしょうか?

そして、その憎しみを間違った方向に向ける鷹野、憎しみは新たな憎しみを生むだけどというのに。
憎しみは恐ろしいですね。やはり受けた傷は本人にしか分からないのでしょう。

やはり、ひぐらしのなく頃にという作品は色んな事を考えさせられます。
放送を休止するテレビ局もありますが、これはただの残酷な作品ではないのだと思います。

ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://pikaosuhappybrog.blog118.fc2.com/tb.php/32-4e0f0f84

ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉 彼女は、もうすぐ神となる・・・。明かされる鷹野三四の過去。一体そこより何が読み取れるのであろうか・・・。
品質評価 19 / 萌え評価 40 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 32 / お色気評価 5 / 総合評価 19レビュー数 92 件 昭和五十八年の雛見沢を巡る運命。それは幼き日の鷹野三四と、雛見沢症候群の研究者・高野一二三との因縁からすべてが始まった。終戦間もない昭和
アニメ コレクション
ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。