ハッピー・ブログ!? カリカリモフモフなのであります。

大好きなアニメ・マンガ・ラノベをご紹介します。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

灼眼のシャナVII ミサゴ祭り後編 

とりあえず、アニメ第1期までの原作読み切りました。

ストーリー的にはアニメの最終回あたりの仮装舞踏会との直接対決やヴィルヘルミナさんの登場はなかったんですが、教授とドミノに振り回されるシャナ、マージョーリー、カムシンのフレイムヘイズ3人の激しくも緊張感のない対決は面白かったです。

そして、ついに悠二とシャナの正体が佐藤と田中そして吉田にバレる。
悠二がトーチであると知っても、悠二に「好きです。」と言った吉田。
自分は人間ではないと思っていた悠二に「坂井君は人間です。」と言われ癒される悠二。

シャナは悠二への自分の気持ちに気づきそして今までのフレイムヘイズとしての自分が壊れることに恐怖する。
そして、対等の立場に立った吉田に悠二を取られることに恐怖する。

今回のシャナはフレイムヘイズであると同時に恋に悩むかわいい女の子でした。
そんな彼女をバナナの皮で転ばせたり、毛虫爆弾を食らわせたりする教授は許せませんね!
でも憎めないキャラでもあります。

さて、原作では仮装舞踏会との衝突とヴィルヘルミナさんの再登場はいつになるんでしょう?
アニメ2期が終わったら速攻で続きを読みたいと思います。
・・・でも半年も我慢できないかも。

灼眼のシャナ (7)
灼眼のシャナ (7)
スポンサーサイト
[ 2007/10/13 16:01 ] 灼眼のシャナ(小説) | TB(0) | CM(0)

灼眼のシャナVI ミサゴ祭り編 前編 

2期を見る前に原作でおさらい中!

悠二の鈍感ぶりにはシャナがとても可愛そうでした。

アニメでは触れられていない悠二の零時迷子と戒禁とシュドナイの腕の秘密。

非日常へと踏み込んでしまった吉田さんの苦悩には胸を締め付けられました。

アニメにはなかったカムシンの悲しい過去。
フレイムヘイズとして生きることの本当の過酷さを知りました。

健気にがんばる佐藤と田中。

一人取り残されるメガネマン池。

何気に気になるオガちゃんの恋の行方。


6巻は恋の急展開!!でした。

次巻で一応、アニメ1期の原作らしいですが、
アニメはかなりオリジナル入ってたみたいなので原作はどうなるのか楽しみです。

灼眼のシャナ〈6〉 (電撃文庫)
灼眼のシャナ〈6〉 (電撃文庫)
[ 2007/10/07 23:06 ] 灼眼のシャナ(小説) | TB(0) | CM(0)

灼眼のシャナV 炎髪灼眼の討ち手の誕生 

アニメ第1期を原作で振り返り中!
5巻はフレイムヘイズになる前のシャナのお話です。

アニメではいまいちピンと来なかったんですが、
原作だからできるシャナ達の心情や情景の描写で感動の連続でした。
そしていとうのいぢさんの絵にはいつも魅了されます。

先代炎髪灼眼の討ち手とアラストール、メリヒム、ヴィルヘルミナの絆。
そして、シャナへとのアラストール、メリヒム、ヴィルヘルミナ絆。

この作品は色々な愛に満ちているのだと改めて思いました。

灼眼のシャナ (5)
灼眼のシャナ (5)
[ 2007/10/06 23:07 ] 灼眼のシャナ(小説) | TB(0) | CM(0)

灼眼のシャナIII/IV 愛染兄妹編 

アニメ2期を見る前に原作で1期をおさらい中です。
これは原作の方が断然面白いですね!

修行から修得した紅蓮の双翼で愛染兄妹の攻撃を巧みにかわし、必殺の炎を繰り出すシャナ。
そしてシャナにとって最強の敵「吉田一美」と悠二をめぐって本格対決。
池の横槍もあったり戦いは一層激化の模様!?

シャナを助けるため勇気を振り絞り封絶の中を一人行く悠二。
なかなかの頭脳派ですね。
「我は天目一個」でシュドナイをビビらせるシーンは傑作でした。

アラストールの親馬鹿?ぶりもエスカレート!悠二の母千草と初の直接対談実現。
紅世の魔人を感心させる千草の計り知れない偉大さを感じました。

一方シャナに負けて抜け殻になってしまったマージョリー姐さん。
憎しみの感情ではない佐藤と田中を想う気持ちで立ち直ります。
シャナに負けず劣らずマージョリー姐さんもなかなかのツンデレぶりを見せてくれました。
それにしても普段は軽薄なマルコシアス、やるときゃやりますね!

愛染兄妹。ソラトを想うティリエルは見ていて切ないほどでした。
ソラトのために自分の存在の力まで使い果たすティリエル。
ソラトを想うただ一途な思いには少し感動しました。

千変シュドナイ。アニメでは千変というほど姿を変化させた記憶がないんですが、
その千変ぶり、なかなかの迫力でした。
でも、悠二に騙されるあたりは意外と間抜けなのかも。

そして口絵にも登場したヘカテー。この口絵には惚れ惚れしました。
いとうのいぢさん流石です。

テレビアニメ第2期もう放送されてますが、とりあえず1期の原作に当たる7巻まで読みきるまで我慢です!
灼眼のシャナ〈3〉 (電撃文庫)
灼眼のシャナ〈3〉 (電撃文庫)
灼眼のシャナ〈4〉 (電撃文庫)
灼眼のシャナ〈4〉 (電撃文庫)
[ 2007/10/05 23:16 ] 灼眼のシャナ(小説) | TB(0) | CM(0)

灼眼のシャナII マージョリー姐さん&マルコシアス 

灼眼のシャナII読みました。

マージョリー姐さんとマルコシアスの絆に涙です・・・。
シャナと悠二の絆もいっそう強まってみていて微笑ましい限りです。
でも、吉田さんにもがんばって欲しいです!
それから、アニメとかなり性格違う佐藤と田中もついに非日常へ仲間入り。
悠二、シャナ、池、吉田さん、佐藤、田中の仲良し6人組結構お気に入りです。
なんでアニメは変えちゃったんだろう?
やっぱり原作が1番ですね。
シャナとマージョリーの戦闘シーンは原作がアニメを圧倒的に凌駕してます。
屍拾い編も映画でやってくれるといいなぁ。

灼眼のシャナ〈2〉 (電撃文庫)
灼眼のシャナ〈2〉 (電撃文庫)
[ 2007/10/01 19:05 ] 灼眼のシャナ(小説) | TB(0) | CM(0)
アニメ コレクション
ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。